多根訪問看護ステーションの理念

 

理念と基本方針

理念

愛を原理とし、秩序を基礎とし、進歩を目的とする

基本方針

訪問看護師は、保健・福祉サービス、医療機関の諸サービス、質の良い民間サービスとの連携をとって、利用者の療養に必要なサービスが広がるように努めます。

所長挨拶

所長

多根訪問看護ステーションは、平成7より院内訪問看護としてスタートし、平成13年5月には介護保険事業所として新たに地域で病気をもち生活される方がたの安心の為再スタートをきりました。

そこから20年の月日が流れ着実に訪問看護の歩みは、地域で療養される方の強い味方になってきました。母体である多根総合病院のバックアップを受け、退院後の不安を少しでも少なくしていただくために入院中に病棟看護師と連携したり、当ステーション利用者の情報共有をはかり継続看護に役立てたり致しています。

当ステーションは、西区・港区・大正区を中心とし訪問看護を展開していますが、都市部での高齢化はこれからますます進むと予測されており、お一人暮らしの方や、高齢者世帯の問題、認知症の問題、何らかの障害を抱えながら生活していかれる方は今後増えていくと考えています。

そのような方のために、安心の在宅療養のために訪問看護師が、お役に立てたら幸いです。

訪問看護だより